FC2ブログ

ブリリアントのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メンタルタフネス2

こんにちはー。
ブリリアントです(^ ^)

今回はメンタルタフネスシリーズの第二弾です!
今回のキーワードはテストステロンです!

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
男性ホルモンなので、男性の体から分泌されているのですが、女性も少量分泌
されているようです。
男勝りの女性と言われるような方は、テストステロンの分泌が多い方です。
テストステロンの役割にはどんなものがあるかと言いますと、
まず身体的には筋肉がつきやすくなり、逆に内臓脂肪が減りやすくなります!
次に脳に関してですが、集中力と記憶力が高まります。
そして今回の本題、メンタルタフネスに関してなのですが、恐怖心を麻痺させ、ネガティブ思考が無くなり
ポジティブな人間になれます!また、やる気が満ち溢れてきて決断力もある、
まさに仕事ができる男になります!
そして、別名モテホルモンと言われ、テストステロンの分泌が高い男性は
容姿関係なくモテるようです(^o^)
女性は本能的に、テストステロンが高い男性に惹かれるみたいです。

それでは、このテストステロンを多く分泌させるためにはどうすれば良いのでしょう?
一番有名なのが筋トレです。それも軽い負荷ではなく、
10回行うのが限界という重量で行うことが、テストステロン分泌にとっては
非常に重要とのことです(^^)
また、筋トレを行うこと自体にテストステロン分泌効果があるのですが、
それだけではなく、筋肉量が増えれば増えるほど
テストステロンの分泌量が増えるとのことです!
上半身よりも下半身の方が筋肉量が圧倒的に多い為、太ももやお尻、
ふくらはぎの筋肉などを徹底的に鍛えるのが良いでしょう!
短期的なテストステロンは日々の筋トレで分泌させ、
筋肉量を増やして、長期的なテストステロン分泌を目指しましょう(^o^)
また、効率的に筋肉量を増やす為にはプロテインは絶対です!
筋肉のゴールデンタイムと言われている、筋トレ後20分以内に
なるべくプロテインを飲むようにしてください!
せっかく筋トレをしたのですから効果を最大限に上げるべきですo(`ω´ )o
それだけではまだ物足りない!
もっと早く効果を上げたい!という方は、
プロテインと併用でこれ↓も飲んでみてください♪
プロテインの20倍のHMBが取れます(゚△゚;ノ)ノ
ネットでの評判もいいです♪




次に紹介するのは内臓脂肪です。
運動不足や油もの、糖質の取りすぎによりお腹がポッコリ前に出てしまっている方は
要注意です。
内臓脂肪にはアロマターゼというホルモンを分泌させる働きがあり、内臓脂肪
の量が多ければ多いほど、アロマターゼの分泌量も増えます。
このアロマターゼは、テストステロンを女性ホルモンに変換してしまうという性質があります(゚д゚)
それによって当然テストステロンの量は減ります。
つまり内臓脂肪は、メンタルタフネスを目指す人にとっては完全な敵なのです!
ですので、日々のテストステロンの分泌を高めたいのであれば内臓脂肪を減らしてください。
理想は体脂肪率15%程度です。体脂肪率が少なすぎるも良くないようです。
あと、筋肉量を落としてしまっては意味が無いのでご注意を(^^;)
上述させて頂いておりますが、テストステロンの分泌が高まれば筋肉も付きやすくなり、
内臓脂肪も減りやすくなってきますので、スイッチが入るまで頑張ってみてください(^^)

次に紹介するのは睡眠です。
睡眠の質が悪い方や睡眠不足の方はテストステロンの
分泌が激減するそうです(゚д゚)
睡眠の質を上げる為に、夜遅くまでスマホやパソコンを観るのは
なるべく控えた方がいいと思います。
寝る前にスマホやパソコンから出るブルーライトを浴びると脳が覚醒してしまい
睡眠の質が低下してしまいます。
また、睡眠時間ですがホルモン分泌が行われる22時~深夜2時までの時間を
含み連続で8時間程度がベストなようです!
深夜は面白い番組がたくさんやっておりますが、明日の仕事で戦う為に、
今日から早寝にチャレンジしてみてはいかがでしょうか(^0^)

次に紹介するのはビタミンCです。
人間はストレスを受けるとコルチゾールというホルモンが分泌されます。
このコルチゾールの量が増えると、テストステロンの量が減少します(;゜0゜)
まさにコルチゾールはテストステロンの天敵なのです!
では、このコルチゾールですが、どうやって減らしていけば良いのでしょうか。
一番簡単な方法は、ストレスの元となることから離れることですが、
そんな簡単にできるものではないと思います(^^;)
ですのでストレスの元から離れられないことを前提にお話させて頂きます。
一番簡単な方法は、こまめにビタミンCを摂るということです(^^)
ビタミンCはコルチゾールの発生を抑える働きがあります。
ただし、効果は2~3時間程度ですので、サプリメントなどでこまめに
摂取するようにしましょう(^^)
また、ビタミンCはテストステロンの分泌において非常に重要な亜鉛の
吸収率を上げる効果もあります!
ですので、亜鉛を摂取する時は、ビタミンCと同時に摂取するようにして下さい(^^)

次に紹介するのは笑いと号泣です。
メンタルタフネスでも紹介させて頂いたのですが、笑うということはコルチゾールを減少させる効果があります。
笑うことが難しいという方は、笑顔を作ってみてください。
楽しくなくても口角を上げて、笑顔を作れば脳が騙されて笑いと同じ効果を
生んでくれます(^^)♪
そして笑いよりもさらに良いとされているのが、泣くことです。
号泣することでコルチゾールが涙と一緒に物理的に排出されます。
コルチゾールが減少すれば当然テストステロンは増えます!
これはもう号泣するしかないですね♪
因みに、玉ねぎを切ってる時に出る涙には効果はありませんので、
感情のままに号泣してください。

次に紹介するのはヨガです!
ヨガのコブラのポーズというものでテストステロン値を上げる
ことができるそうです。
コブラのポーズというのはうつ伏せになってから手のひらを床につけ、
腕を伸ばして上半身を起こすポーズです。
お腹の前側が伸びるイメージです。
これを行うとテストステロン値が平均で16%も上がるそうですw(゚o゚)w
簡単なので、是非試してみてください(^^)

次に紹介するのはアルコール糖質です。
アルコールの大量飲酒はテストステロンを減少させますΣ(゚д゚|||)
通常の飲酒範囲では問題ないようですが泥酔するまで飲むのは危険ですので、
メンタルタフネスを目指す方は少し我慢された方が良いと思います。
特にビールはテストステロンの天敵です!
ビールに含まれるホップがテストステロンを減少させる成分が含まれているようです。
ビールが好きな方には辛いですが、なるべくビールは3杯くらいまでにして、
焼酎やウィスキーに切り替えられた方が良いかと思います(^^;)
また、糖質もテストステロンを減少させる働きがあります。
甘いものはもちろん米などの炭水化物も糖質ですので、
摂取量は制限された方が良いと思います。
メンタルタフネスへの道は厳しいですね~(ノ_<)

最後に紹介するのはサプリメントです。
上記の方法にプラスしてサプリメントを飲めば、すぐに実感が
できるのではないかと思っております。
少なくとも私は実感しました!
以下におすすめのサプリを御紹介します(^^)

↓これはペニス増大効果も期待できます(笑)!
ネットの口コミも載せておきますね。
口コミはこちら




というわけで今日はこの辺で失礼します(^^)
興味がある方は、セロトニンに着目したメンタルタフネスも見てみてくださーい(^o^)
新しい情報が入り次第追加していきたいと思います♪
では!



スポンサーサイト
テストステロン | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。